2009年雑感

2009年も本日で終わりである。

今年1年は、社会的には、皆さんニュースでご存知のとおり、色々なことが」あった。

私としても、今まで1年かけて、生徒を情報通信のエンジニアに育てて行けばよかったのが、会社の方針で、6ヶ月で行えと言う事になった。

1年かけて、第二種電気工事士、CCNA、工事担任者総合種、そして第1級陸上特殊無線技士これだけの資格を殆ど電気の知識を持っていない文系出身者に取得させ、そして通信関係の企業に就職させてきた。

当然時間的な制約から、工事担任者総合種と第1級陸上特殊無線技士の2資格に絞らざるを得なかった。

しかしながら、昨年から続く大不況で、通信関係のどこの企業もあおりを受け、新規社員の採用ができる状態ではなくなってきている。

年末に何社か企業訪問を行ってきたが、本当に各社、惨憺たる状態であった。

今、求職活動をしている人もそうだが、人間自分を取り巻く環境が悪化してくると、気分的に滅入るものだが、今はすべての人に対して、同じ状況であることを忘れないようにして欲しい。

こういう悪いときには、ひたすら自己啓発をして、ビジネススキルを磨き、また、各種資格試験(できれば国家試験の免許資格)を受験し、来る好景気に備えて欲しいと思う。

今やけになって、仕事やアルバイト等で稼いだお金を、その晩の酒代に費やすような生活をしないようにして欲しい。今こそ自分に力を蓄える絶好のチャンスなのだから。

世の殆どの人は、景気が良くなって、色んな求人が出始めたら慌てて勉強を始める。しかしそれではもう遅いのである。

つまり、これからは、何か専門性を持った求人しか出てこない様になってくる。単純な時間の切り売りのような仕事は益々減ってこよう。

ロバート・キヨサキ」が「金持ち父さん 貧乏父さん」の中で言っていたように、今は稼いだお金を「自己啓発」に「投資」をする最も大切な時期であることを忘れないように日々処して頂きたいと思います。

春の来ない冬は無いのですから。

皆さん良いお年を!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。