第二種電気工事士試験

先週の日曜日の学科試験、皆さんご苦労様でした。

昨年度試験制度が変わって、鑑別問題と配線図問題が融合され、
更に今年から受験料が2倍近くも値上げとなり、問題の傾向が
どう変わるか、なかなか読み切れないところでは有りましたが、
ここ数年、合格率も90%台だったのが、今回全員無事合格、
つまり合格率100%を達成できたのは、本当に指導する側に
とっても「やったー!!」という感じでした。

今年の4月の入学まで、電気のデの字も知らなかった生徒の皆さん
よく頑張られたと思います。

以前の工事担任者試験の記事でも書きましたが、やはり資格試験は、
過去問をどれだけきちんとこなしておくかにつきると思います。

そうすれば、少しひねられても応用が利くということが、昨年と今年の合格率で証明されたことになります。後は実技試験とCCNA、そして
11月の工事担任者試験。そして2月の、第1級陸上特殊無線技士の
試験と、どんどん加速して行きましょう。
来年の春に情報通信エンジニアへ変身するために。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。