電気工事士試験結果(平成19年度)

平成19年度の電気工事士試験の結果通知の葉書が
全員出揃いました。

皆さん結果は如何でしたでしょうか?

私のクラスでは、以前の記事で書いた通り、渡り線に不備のあった
2名のみ不合格で、結局合格率は、90パーセント代でした。

実技試験は、色々なパラメータが入るので、本当に
結果の通知が来るまでわかりません。
合格したつもりでも、思わぬところに重大欠陥が隠れている
場合が良くあります。

学科試験が全員合格しただけに、少しもったいない気はしますが、
昨年から、実技試験だけの受験者は、春の早い時期に試験が行われる
ようになった為、来年の春先にもう一度受験すれば、全員合格できると思います。
(ちゃんと練習していれば、2回受ければ合格します。)

終わったことは、さておいて、これから11月の工事担任者の取得を目指してスタートしましょう。

情報通信関係の分野への就職は、第二種電気工事士、
工事担任者AI・DD総合種、CCNA これらは、最低限の資格です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。