人生を豊かにする雑学塾 > 電力系資格>第二種電気工事士

第二種電気工事士 学科試験(平成20年度)

平成20年度の、第二種電気工事士学科試験も終わり、今年も28名受験して、自己採点で、28名とも全員合格できたようです。

いつも書いていますが、私のクラスの生徒は9割方文系出身の生徒なので、4月に入学してきて、いきなりオームの法則から入り、学科試験に合格できるレベルまで約2ヶ月でスキルアップします。

やっていることといえば、教科書を一通り解説し、問題集を各自で勉強させ、少し古めの問題をテスト形式で10回分やらしているだけです。

何も特別なことをしているわけではなく、あくまで王道的な勉強方法を取っているだけです。

最近は、鑑別と配線図が融合された問題が出るようになりましたが、やはり、この鑑別と配線図が大量得点の要になると思います。

自分一人で勉強している人は、教科書をよく読み、過去問題集を3回繰り返して勉強することにより、確実に合格することができます。

毎回の試験で合格率が低いのも、やはり十分な学習ができていない人が多いと言うことに尽きると思います。

今回試験結果が思わしくなかった人は、そのままほったらかすのではなく、過去問題集を十分にこなせたかどうか、自己分析を今のうちに行ってください。

それが、平成21年度の国家試験の対策になります。

私のクラスでは、学科試験の翌日から、実技試験の練習に入りました。

いきなり13課題の練習をするのではなく、電工ナイフを使っての電線の被覆ムキや、電線の接続等の基礎練習をし、試験に出る各器具への電線の接続を一通り練習した後、先週から、1日1課題、スピードは抜きにして、電工ナイフを使って、兎に角最大限丁寧に作業をする練習を現在行っています。

これで13課題を1巡した後、ケーブルストリッパを使用してもう1巡、最後にタイムトライアルでもう1巡、合計3巡、39課題の練習を行います。

これだけ練習すれば、落ちろと言う方が難しいくらいですが、実技試験の場合は、いつも言っているように、合格通知が来るまでは、本当に何があるか分からないので、実技の問題集に書いてある「重大欠陥」の項目を良く勉強し、絶対に本番では「軽欠陥」も含めて、やらないように十分練習をしてください。

受験者の皆さんの合格を、心より祈っています。

電気工事士試験結果(平成19年度)

平成19年度の電気工事士試験の結果通知の葉書が
全員出揃いました。

皆さん結果は如何でしたでしょうか?

私のクラスでは、以前の記事で書いた通り、渡り線に不備のあった
2名のみ不合格で、結局合格率は、90パーセント代でした。

実技試験は、色々なパラメータが入るので、本当に
結果の通知が来るまでわかりません。
合格したつもりでも、思わぬところに重大欠陥が隠れている
場合が良くあります。

学科試験が全員合格しただけに、少しもったいない気はしますが、
昨年から、実技試験だけの受験者は、春の早い時期に試験が行われる
ようになった為、来年の春先にもう一度受験すれば、全員合格できると思います。
(ちゃんと練習していれば、2回受ければ合格します。)

終わったことは、さておいて、これから11月の工事担任者の取得を目指してスタートしましょう。

情報通信関係の分野への就職は、第二種電気工事士、
工事担任者AI・DD総合種、CCNA これらは、最低限の資格です。

電気工事士実技試験感想

今年の実技試験も、無事に終了しました。
今年の問題は5番でしたが、非常に簡単な問題で、
ほっとしているところです。

私の科でも、13課題を1回目は電工ナイフだけで
作業を行い、後は、ケーブルストリッパーを使い、
2順、つまり計39課題の練習を行いました。

渡り線を付け忘れた者が2名いたので、合格率は
90パーセント台だと思います。

早く結果通知が来るのが楽しみです。
実技試験は、気がつかないうちに、欠陥をやってしまう
ことがあるので、本当にはがきが来るまで結果は、わかりません。

また、近畿地区の試験の採点員は、他の地区の採点員より
採点が少し厳しいようなので、一抹の不安はありますが。

生徒も、このブログを見てくれている受験者の方も、合格通知が
くることを祈ってます。

第二種電気工事士試験

先週の日曜日の学科試験、皆さんご苦労様でした。

昨年度試験制度が変わって、鑑別問題と配線図問題が融合され、
更に今年から受験料が2倍近くも値上げとなり、問題の傾向が
どう変わるか、なかなか読み切れないところでは有りましたが、
ここ数年、合格率も90%台だったのが、今回全員無事合格、
つまり合格率100%を達成できたのは、本当に指導する側に
とっても「やったー!!」という感じでした。

今年の4月の入学まで、電気のデの字も知らなかった生徒の皆さん
よく頑張られたと思います。

以前の工事担任者試験の記事でも書きましたが、やはり資格試験は、
過去問をどれだけきちんとこなしておくかにつきると思います。

そうすれば、少しひねられても応用が利くということが、昨年と今年の合格率で証明されたことになります。後は実技試験とCCNA、そして
11月の工事担任者試験。そして2月の、第1級陸上特殊無線技士の
試験と、どんどん加速して行きましょう。
来年の春に情報通信エンジニアへ変身するために。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。